ウルトラマンオーブ 9話 ニセモノのブルース

今回はヒーローものにありがちな偽物回。

urutoramano-bu_09_01_convert_20160904001218.jpg

ガイの目の前でいきなりウルトラマンオーブが現れる。そう、ニセウルトラマンオーブの登場である!
(目の形状が違うとかはなく、姿は全く一緒)






突然現れたニセウルトラマンオーブ。その正体は、惑星侵略連合から命令されたババルウ星人ババリューだった。惑星侵略連合はニセウルトラマンオーブが街を破壊する事によって、ウルトラマンオーブから人々の信頼を失わせようとしたのだ。仮面ライダーとかでも敵が使っていた手法ですね。
「あ~、これはオチが見える」とここまではそう思っていました。

urutoramano-bu_09_02_convert_20160904001235.jpg

命令通り街を破壊しようとするニセウルトラマンオーブ。しかし、そのタイミングで地中から怪獣テレスドンが現れ、ニセウルトラマンオーブを攻撃し始める。応戦することになってしまったニセウルトラマンオーブはテレスドンを撃退し、人々にヒーローだと思われてしまうのであった。
戦闘後元の姿に戻ったババリューはジェッタに発見され、慌てて人間の姿になって「馬場龍次」と名乗る。ジェッタにオーブの正体が馬場龍次だと勘違いされ、ヒーローだと思っているジェッタや街の子供達と接しているうちに心が揺らいでいく。
これは予想外の展開ですね。偽物のつもりだった自分がヒーローになってしまうなんて思ってもみなかったでしょう。



その後、惑星侵略連合から再度ニセウルトラマンオーブとして街を破壊する様に命令されるが、ババリューは拒否。惑星侵略連合は裏切り者のババリューを消すために怪獣ケルビムを差し向ける。
ケルビムの攻撃を受け、ニセウルトラマンオーブから元のババルウ星人の姿に戻ってしまうババリュー。
正体が知られ、子供達に「嘘つき!」とか言われるのかな~、と思っていましたが、なんと予想に反し、子供達はそのままババリューの応援を続けます。子供達にとって、ババリューも立派なヒーローだったのです。

urutoramano-bu_09_03_convert_20160904001252.jpg

ババリューはピンチに陥りますが、そこに本物のオーブが現れケルビムを撃破、ババリューを救います。晴れて惑星侵略連合から離脱したババリューは「馬場龍次」として地球で生きていくのでした。



今まで偽物が現れた場合は、偽物だと気づいて「偽物だと気づいてよかった!」、みたいな展開が多いのですが、今回は全く異なる展開、偽物が本物になってしまうお話。
初めは偽物でも、想いを貫けばそれは本物になる。そこに見た目は関係ない。
今回の話のテーマはすごく心に響きました!素晴らしい話です!



次回は「ジャグラー死す!」えっ!?もうジャグラー死んじゃうの!?
ちなみにガンダムだったらこのサブタイトルで確実にジャグラー死んでますね。「ガルマ散る」「マスター・アジア、暁に死す」みたいな(笑)



画像引用:©円谷プロ©ウルトラマンオーブ製作委員会・テレビ東京


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR