銀河機攻隊マジェスティックプリンス 25話 未来への翼

マジェスティックプリンスがまさかの復活!テレビシリーズ最終回と劇場版を繋ぐストーリー。






・「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」とは?
2013年の放送された、太陽系を舞台に全地球防衛軍GDFとウルガル軍の戦争を描いたロボットアニメ。ザンネンファイブと呼ばれていたチームラビッツの少年少女5人+1人が最新鋭人型機動兵器アッシュに乗ってウルガルと戦っていました。
テレビシリーズは全24話だったのですが、11月に公開予定の劇場版に合わせて、その間を繋ぐ25話が作られたみたいですね。



今回の25話では、劇場で登場する新キャラが一足先に登場しました。ではまずそのキャラ達について軽く触れたいと思います。

セイ・ユズリハ(CV: 斉藤壮馬)
グランツェーレ都市学園に所属するチームフォンの一員。主人公格(主人公ではない)。チーム4人に言えることだが、操縦技術が高い。
戦場で一番大切なのは索敵と分析であると思っている。かなり自信過剰。激辛カレー好き。

クリス・ソルフェリーノ(CV: 代永翼)
チームフォンの一員。戦場で一番大切なのは高機動突撃による敵のかく乱と思っている。ちなみに量産機ではなく、タマキが乗っているローズ3に乗りたいらしい。

ユイ・マガリャネス(CV:雨宮天)
チームフォンの一員。フルネームが発音しにくい。戦場で一番大切なのは最前線に立つフォワードと思っている。だが、本人が搭乗するシルバー8は砲撃戦用機な上に、本人はあまり射撃が得意ではない様子。ルナマリアみたい?

アン・メディクム(CV:鈴木愛奈)
チームフォンの一員。「シャイニー☆」とは言わない。唯一戦場で一番大切なのはチームワークであると答えたキャラ。授業中は寝ていたり、体力がなかったりするが、大事なことはきちんと聞いていたり、冷静に状況を見ていたりと意外にできる子。イメージ的にはデレマスの杏ちゃんみたいな感じかと。
本人の射撃の腕はめちゃくちゃいいが、搭乗機のオレンジ7は近接戦闘用。

スギタ教官(CV:杉田智和)
セイ達の教官。名前の由来は声優さんかららしい(笑)
スズカゼとは同期らしいが・・・?



25話はこの5人が本編18~24話の間どのように過ごしていたかを描いた物語です。
そのためイズル達チームラビッツは全く出てきません(笑)
※ただし、アッシュはちゃんと登場、ケイとタマキは作品内のCMでちょろっとだけ声付きで出てきます。
完全に新キャラのための話だったみたいですね。

新キャラを知ることができたのはもちろんですが、他にも量産型アッシュ「シュライク」のパイロットの話があったのは予想外でした。
最終決戦時に増援に駆け付けた量産機部隊のパイロットはイズル達がかつて通っていたグランツェーレ都市学園の生徒が乗っているのではないかと思っていたのですが、まさか当たっていたとは!



イズル達は出ませんでしたが、3年ぶりに見られたマジェプリはやはり面白かったです。
そして、「劇場版マジェスティックプリンス 覚醒の遺伝子」は11月4日から公開です!2週間限定公開なので見に行く予定の人はご注意を!
以上感想でした!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR