機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 31話 無音の戦争

g-tekketu_31_05_convert_20161107001936.jpg

フウカちゃんもかわいいけど、学校の友達もかわいいかったな~。
だが、正直それどころじゃない!






ついに始まったしまったアーブラウとSAUの全面戦争。
きっかけはSAUの偵察機がMSのエイハブウェーブの影響を受けて操縦できなくなり、墜落したこと。実はこのSAU偵察機が本作初の航空機だったのですが、それまで航空機が出てこなかったのって、エイハブウェーブの影響を受けやすいからでしょうか?
もしそうだったとしたら、少々気になるのは、なぜMSやMW、艦船はエイハブウェーブの影響を受けないのか?ということ。宇宙ではMSも航空機みたいになります。そしてある意味空中以上に危険です。レーダーどころかそもそも操縦すらできなかったら、宇宙に漂い続けることになります(空中ならパラシュートで脱出できますが・・・)。
う~ん、実際の所どうなんでしょう?



ではここで両軍の戦力を見てみましょう。

アーブラウ側の戦力は
・アーブラウ防衛軍(実戦経験なし)
・鉄華団地球支部(タカキがリーダー?)
・ガランの傭兵部隊(ガランがアーブラウ軍を指揮)
と完全に寄せ集め部隊。

g-tekketu_31_01_convert_20161107001821.jpg

アーブラウ防衛軍が使っているMWはユニオンMW。各地で普及しているMWで、かつてドルトコロニーの労働者達や鉄華団も使ったことがある機種ですね。主砲1門と機関砲1門。操縦も一人でできる様子で、汎用性が高そうです。

g-tekketu_31_03_convert_20161107001856.jpg

アーブラウ防衛軍はMSも配備しています。その名もフレック・グレイズ!
ん?グレイズって、思いっきりギャラルホルン製の機体じゃないですか!?どうしてギャラルホルンの機体が正規軍にまわっているんだと思いましたが、どうやらフレック・グレイズはグレイズの廉価版で、他組織に卸している機体だそうです(そのため、足がグレイズより短い)。
ちなみに鉄華団地球支部も使っています。

一方、SAU側は
・SAU正規軍(実戦経験なし)
・ギャラルホルンSAU駐屯軍
・地球外縁軌道統制統合艦隊派遣部隊(司令官マクギリス)
と、こちらも寄せ集め感がありますが、ギャラルホルンがいるだけMSの質は勝っている感じがします。

g-tekketu_31_02_convert_20161107001839.jpg

そしてこちらがSAU正規軍が使っているMW。めちゃくちゃ大型の大砲を積んでいるようですが、なんか取り回し悪そうですね。火力を重視した結果でしょうか?

g-tekketu_31_04_convert_20161107001915.jpg

そしてSAU正規軍の主力MS、ジルダ。夜明けの地平線団が使っていたユーゴ―と同じヘキサフレームのMSです。ということは、ユーゴ―と同じく防御力が低い機体なのかもしれませんね。厄祭戦中期に大量生産されたヘキサフレームは、その機動力が注目されたそうですが、同時に防御力が低く多数が破壊された結果、終戦時の残存数が少なかったとのこと。ジルダの数が明らかにフレック・グレイズより少ないのは、そのあたりにあるのかもしれません。
そのせいか、SAU側の主力はギャラルホルンのグレイズ陸戦仕様みたいな感じになっています。フレック・グレイズVSグレイズという同じグレイズフレーム同士の戦い。まさかギャラルホルンもこんなことになるとは思ってもいなかったでしょうね。



ガランの戦術で戦争は長引き、終わりが見えなくなっていた。このままでは自身の地位や名声に傷がつくと判断したマクギリスは、ついに自ら出撃することを決意する。
本当にガンダムって司令官が出撃することが多いね(笑)
マクギリスを討てる好機と思い、全力で撃破に向かうアーブラウ側。戦いは終局に向かおうとしているの中、戦場に三日月達も近づいていた。このままでは三日月とマクギリスが戦うことになるかもしれない。この前協力関係になったばかりなのに・・・。
思惑が絡み合うこの戦い、どんな結果を迎えるのか・・・?
でもまあ、そんなことより、とりあえず、
タカキとアストン、生き残って!
このままじゃフウカちゃんが悲しむ未来しか見えないよ~(泣)





画像引用:©創通・サンライズ・MBS


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR