機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 33話 火星の王

あれから約1か月後。アーブラウとSAUの間に和平が結ばれ、戦争は終わったようである。
そして鉄華団は地球から撤退することになった。







鉄華団地球支部は撤退のための準備で慌ただしくなっていた。そんな地球支部にマクギリスは秘密裏に訪れ、オルガに今後の話を持ち掛けてきた。
マクギリスは近いうちにアリアンロットと全滅対決になるだろうから、それに協力してほしいこと。そして、もし自分がギャラルホルンのトップになったら、ギャラルホルン火星支部の業務・権限を全て鉄華団に譲渡することを提案してきた。
この話、「自分がネオジオンを掌握したら、地球は譲る」と言ってラカン・ダカランを取り込んだグレミー・トトを思い出しますね(ZZ)。
いろいろ怪しい気がしますが、オルガはマクギリスの提案に乗ることにします。メリビットを除く主要メンバーもこの話に乗るつもりのようです。

しかし、そんな中タカキは「これ以上身近な幸せ(妹)を失いたくない」と、鉄華団をやめる意向を示します。オルガは元々無理やり従わせる気はなかったので、タカキを引き留めることはせず、タカキの退社を認め、さらには地球でのいい仕事を見つけてくれたようです。三日月はタカキにキツイ言葉をかけていましたが、これは「鉄華団のことは気にせず、自分達の生活を送ればいい」という、三日月なりの優しさだったのでしょうね。
こうしてタカキは戦死することなく退場することになりました。
ガンダムは戦争ものなので、「退場」というと大抵戦死を意味することが多いです。しかし、今回のタカキのように戦死せず退場というケースもあります。例えばガンダムSEEDに登場したカズイ・バスカークですね。彼はアークエンジェルで通信士を担当していましたが、元々戦争を嫌がっていたので、アークエンジェルが地球軍と戦うことになったのを気に退艦、以降全く登場しなくなりました。今回のタカキのケースによく似ており、退艦を決意するも後ろめたさがあって中々去ることができなかったのところを、友人のサイに推されて退艦していっています。この時のサイの行動は今でもよく覚えています。



g-tekketu_33_01_convert_20161120222250.jpg

鉄華団を去ったタカキは、妹のフウカと共に地球で暮らすことになりました。スーツを着ていることから一般的な会社に勤めているのだと思いますが、タカキもまだまだ少年と言える年齢なので、この姿だと「高校生?」って思ってしまいました(笑)
でも本来はそんな年齢のはずですからね。そう思ってもしかたないですよね。
とりあえず兄妹仲良く暮らしているようなので、このまま2人で平和に暮らせることを切に願います。
でもフウカちゃんが見れないのは悲しい・・・(´;ω;`)



次回は、ガンダムヴィダール出撃!?



画像引用:©創通・サンライズ・MBS


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR