機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 35話 目覚めし厄祭

ユージン「愛は金じゃ買えない。」

うん、その気持ちはよくわかる。でもどこかでお金もいる・・・。







鉄華団が所有するハーフメタル採掘場から発見された謎の大型兵器。オルガからの連絡を受け、マクギリスは確認のため地球から火星の鉄華団採掘場を訪れる。そしてマクギリスから様々な真実が語られる。

MSよりも巨大な兵器が300年もの間発見されなかった理由は、戦艦やMSに使われているハーフメタルは電子機器がエイハブウェーブの干渉を受けないようにする反面、地中にハーフメタルとエイハブリアクターが一緒に埋まっていると、エイハブウェーブがかき消され地中のエイハブリアクターを発見できないためらしい。と
いうことは、6話で墜落したSAUの偵察機はハーフメタルを使っていなかったということですね。謎が1つ解けました。
ですが、戦艦やMSにハーフメタルが使われているとは言及されていましたが、MWにも使われているとは言及されていませんでした。MWにもハーフメタルが使われているのかどうか気になるところです。

そして、採掘場で発見された巨大兵器は、MA(モビルアーマー)らしい。MS同様、MAも多くのガンダム作品で登場ししますが、本作のMAは、
厄祭戦を引き起こしたとされる大型無人機動兵器
となっているようです。
無人のため、容赦なく人や街を襲い、数億の人命を奪ったそうです。最終的にはギャラルホルン創始者アグニカ・カイエルと、セブンスターズの先祖によって全機破壊されたそうですが、破壊し損ねた機体が採掘場に埋まっていたようですね。
MAが厄祭戦を引き起こしたということは、戦時中は各国・各勢力がこぞってMAを作って戦争をしていたということでしょうか?そして無人機故制御できなくなった、みたいな感じでしょうか。MSも元々MAを倒すための兵器だったとのことですし、厄祭戦というのは、「初めは人類同士の戦争だったが、MAが制御できなくなった結果、MSを用いた人類VS無人MAの戦争に変わっていった」のかもしれませんね(推測です)。

それにしても、過去のギャラルホルンにはMAを倒した勇者に送られる勲章があったみたいですね。何だか獣を倒した勇者に与えられる称号みたいで、ちょっとファンタジー世界の設定っぽい感じがしますwww



MAを目覚めさせないよう、MSの護衛を使わずに採掘場を訪れた鉄華団とマクギリス達。しかし、そこに「マクギリスが謀反を起こそうとしている」といろいろ誤解したイオク率いるアリアンロット艦隊のMS部隊が大気圏突入して現れる。
カルタもそうですが、どうしてギャラルホルンのお騒がわせさん達は大気圏突入したがるのだろう(笑)
それはそうとイオクさん、MSでこんなとこ来ちゃったら、MSに恨みを持っているMAが目覚めてしまうでしょ!

g-tekketu_35_02_convert_20161204213735.jpg

と言ってる傍からMAは再起動。あ~あ。
ビームのようなものを出しながら動き出していく。オルフェンズ初のビーム兵器ですよ!
ビームを放ちながら起動するMAを見て、シンゴジラを連想してしまいました(笑)
(同じ事考えた人いないかな~)



このままMAとの戦闘で怪獣映画みたいになってしまうのか!?次回が気になるぜ!



画像引用:©創通・サンライズ・MBS


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR