機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 36話 穢れた翼

イオクのせいで蘇る厄祭戦の記憶。






イオクがMSで近づいてしまったがゆえに再起動してしまった無人MA、ハシュマル(本作のMAは全て無人機)。

g-tekketu_36_01_convert_20161211215222.jpg

ハシュマルは近くに埋まっていた大量の小型随伴機プルーマを呼び寄せ、イオクが率いていたMS部隊をイオク機を除いて全滅させる。もちろんコクピットは完全破壊。本作のMAは人間を容赦なく殺すようにプログラムされているらしい。人間絶対殺すマンか!?
その後ハシュマルはプルーマを率いて移動、無人の鉄華団燃料貯蔵庫、ギャラルホルン第3地上基地(有人)を襲い、燃料や資材を強奪しながら移動していく。襲われたギャラルホルン基地に生存者はいなかったらしい。

ハシュマルは容赦なく人を殺す他、盗んだ資材を使ってプルーマを製造することができ、さらに損傷してもプルーマに修復してもらうことが可能らしい。ただし、推進剤は無限にあるわけではないので、適宜補給が必要なようです。これはちょっとした弱点ですね。
ちなみに、似たような自己修復機能を備えた大型機としてガンダムAGEに登場したシドがいますね。確か小説版だと小型機の増殖機能もあった気がします。



殺戮マシーンであるハシュマルは人口密集地に向かう傾向にある。鉄華団はその特性を利用して、ハシュマルが現れるであろう近くの火星都市クリュセへの進路上で待ち伏せる作戦を立てる。準備は着々と進んでいるはずだったが・・・。
イオクさんが余計な砲撃を加えたせいでハシュマル一行は進路を変更、郊外の農業プラントに向かい始める。
今日のイオクさんは余計なことしかしない(笑)
いつも以上に喜怒哀楽も激しいしwww

農業プラントに向かうハシュマルから一般人を守るため、ライドは自身が乗る獅電をハシュマルの前に出す。そこにハシュマルからビーム砲撃が!

g-tekketu_36_02_convert_20161211215241.jpg

ライドー!!!

g-tekketu_36_04_convert_20161211215259.jpg

と思ったら、獅電は多少損傷したものの機体もライドも無事。
しかし、獅電に当たって反射したビームがそのまま農業プラントに当たり、一般人は全滅してしまう。一般人を助けられなかったことに絶望するライド。
この時、鉄華団メンバーはハシュマルがビーム兵器を持っていることに驚いていたが、スビーメはそのビーム兵器の存在をチャドが知っていたことに驚きました。お前は一体何者だ!?
そして何より驚いたことは、獅電がビームの直撃に耐えたこと。実弾はおろかビームの直撃にも耐えれるナノラミネートアーマーって、ある意味PS装甲よりも優れているのでは!?
(まあ、ガンダムXにクラウダっていう装甲だけで実弾にもビームにも耐えれる量産型MSがいましたけどね)

イオクのシーンにも反応しましたが、それ以上にナノラミネートアーマーの頑丈さに反応してしまったスビーメなのでした。




次回はハシュマルとの決戦!おそらくガンダム・フラウロスが初出撃のはず。噂の変形形態、どんな活躍をするのか楽しみです。



画像引用:©創通・サンライズ・MBS


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR