ポッピンQ

今年最後の投稿になります(たぶん)。

popinq_05_convert_20161230212908.jpg

そこそこの頻度で高い所から落下するシーンがあるポッピンQ。こうして見ると、本作も東映アニメーションの作品なんだな~と思えてなんだか安心できますねw







というわけで、ポッピンQ見てきました。だいぶ前から情報をつかみ、見に行こうと思っていました。何せあのプリキュアシリーズを作っている東映アニメーションのアニメ映画ですからね。スビーメは見るしかないじゃないですか!(笑)
本作は何かしらのコンプレックスを抱えた少女5人が異世界、時の谷に飛ばされ、全パラレルワールドを救うために冒険するというお話。そして、世界を救う方法は・・・、なんとダンス!



popinq_04_convert_20161230212852.jpg

とりあえず軽くキャラ紹介から。

・小湊伊純(右から2番目)
主人公。卒業式を直前に控えた中学3年生。陸上大会でいい結果が出せなかったことを根に持っている。
悩んだりすることもあるが、どちらかというと熱血系な感じ。

・日岡蒼(一番左)
同じく卒業式を控えた中学3年生。勉強に一生懸命で、友達を作ろうとしないが、女の子にはめちゃモテているっぽい。知的なタイプ。
イメージカラーはは青だが、みんなで落下した時に誰かの上に落っこちる役は彼女がやった。

・友立小夏(一番右)
中学3年生。あざとイエロー枠。ピアノが得意だが、最近はそのことを少しプレッシャーに感じている。
あさひとすぐ仲良くなった。

・大道あさひ(右から2番目)
中学3年生。武道が得意だが大人しい少女。戦うことになったら必ず彼女が最前線。かわいいものが大好き。
一番プリキュアに出てきそうなキャラですねw

この4人は比較的早く仲良くなり、時の谷の住人ポッピン族と暮らしながらダンスに打ち込んでいくのですが、先程も書いたようにメインキャラクターは5人。もう一人いるのです。

popinq_03_convert_20161230212836.jpg

都久井沙紀。4人同様中学3年生です。元々すごくダンスが得意な彼女ですが、コミュニケーションが苦手で友達がおらず、少々不登校な様子。デジモンとかでたまにいる、主人公達を離れて行動する子ですね。
沙紀は2回も敵に誘拐(内一回は自分から)され、そのたびに伊純達に助けられるというピーチ姫ポジションになっており、セリフが少なくても目立つキャラクターでした。伊純とのからみも多く、2回も助けてきてもらえたこともあってか、伊純にかなり心を開くようになっていました。
ちなみに本作の○○○○でもあります。もういろんな要素満載です!
この沙紀ちゃん、スビーメかなり気に入りました。ヒロイン力かなり高いし最高です!



5人の少女は、時の谷の様々な試練と立ち向かいながら、自分のコンプレックスと向き合っていきます。

popinq_01_convert_20161230212803.jpg

その中で一番印象に残っているのは、伊純が100mのボロ橋を走って渡るところです。橋はかなりぼろく、乗っただけで崩れてしまうため、ただ走り抜けるしかない。以前陸上大会で越えられなかった壁を、伊純は前以上の記録を出して越えなければならなくなったのです。
初めは「できない」と拒んでいましたが、仲間達の励ましもあり挑戦することを決意。このボロ橋を走り抜け、コンプレックスを克服していく伊純の描写はとてもよかったです。
というか、かっこいいです!



popinq_02_convert_20161230212821.jpg

そして、本作最大のポイントといえば、やはりCGダンスシーンです。プリキュアでいつもEDにCGダンスを取り入れている東映アニメーションが作っているだけあって、CGがとてもすごかったです。メインキャラ5人が踊ると服や髪がたなびくのです!これはさすがとしか言いようがない!
素晴らしい!
さらに旅を共にしてきたポッピン族にもCGがあり、ダンスを披露してくれます。こっちは足を動かすたびに「ピョコピョコ」って足音がするので、かわいかったです。



本作はEDの後、Cパートがあります。そのCパートというのがちょっとした後日談みたいな感じではなく、結構ガッツリあります。
イメージ的にはキンプリのCパートみたいな感じです。
あまりにネタバレを含むため詳しいことは書きませんが、キャッチコピーである「その世界には自分を知ってる人がいた」をまさに体現しているCパートだったと思います。本作はそこで終わってしまうのですが、この話はぜひ続きを見てみたいです!だってすごく気になるんですもの(笑)。まあ、もしそうなったらちょっと○○○○○みたいになりそう。それならもっと見てみたい!



そんな感じで、ポッピンQ、とても楽しめました。映画でもテレビアニメでも漫画でも小説でもいいので、続編を希望したい1作品になりました。まだ見ていない人も、これを機会にぜひ一度見に行かれてはいかがでしょうか?
以上、感想でした!




画像引用:©東映アニメーション/「ポッピンQ」Partners 2016


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR