FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星篇(舞台挨拶ライブビューイングつき)

いよいよ最終章。
今回は超絶ネタバレが含まれていますので、TV放送で見ていてネタバレNGな人はこの先読まないように!








ついに始まるヤマトとガトランティスの最終決戦。ヤマトは地球に進行する都市帝国の前にワープし、トランジット波動砲を放つ。

yamato2202_24_01_convert.jpg

その威力がすごいことすごいこと。土星より大きい都市帝国を真っ二つにし、その中にあった地球サイズの惑星を消滅、おそらく万単位で戦艦も消し飛ばしているでしょう(ガトランティスは艦艇を1000万隻以上保有しているため)。
もうとんでもない威力です!
これと同じくらいの兵器となると、もうスターウォーズのスターキラー基地ぐらいしか思いつきませんw

yamato2202_24_02_convert.jpg

その後ヤマトはガミラス艦隊の援護のもと、都市帝国への侵入を開始。
ヤマトが都市帝国を攻略している間、ガミラス艦隊は地球の防衛にあたります。激しい戦闘を繰り広げるガミラス艦隊とガトランティス艦隊。ここの戦闘シーンもすごかったです!(特にアンドロメダ空母ガミラスタイプをガトランティス艦がかすめていくシーン)



※※※ここから先は本当にネタバレ※※※



















シリーズ構成の福井先生は2202の製作に当たって以下の依頼を受けていたそうです。

・さらば宇宙戦艦ヤマトを原作にすること。
・ただし全滅特攻ではなく、主要キャラを生き延びさせること。
・でも泣かせてほしい。

あれ?それってヤマト2じゃない?
とりあえず、誰が死んでしまったのか見ていきましょう。

yamato2202_24_03_convert.jpg

まずは土方艦長。まあこの人はさらばでもヤマト2でも戦死してますからね。今回はさらば準拠の死に方でした。

次に加藤。加藤もさらばでもヤマト2でも戦死するのですが、ヤマト3で加藤そっくりで声も一緒の弟が登場していて、「ここまでそっくりで性格もほぼ一緒なら死なせなくてよかったじゃん!」と思っていたので、正直加藤には死んでほしくなかったのですが、ダメでした…。本作での加藤は奥さんや息子もいるので、生き延びて元気になった息子と遊ぶ加藤の姿が見たかったのですが…(泣)

yamato2202_25_01_convert.jpg

さらばでもヤマト2でも爆弾取付係だった斎藤は、今回キーマンと敵のコアに特攻します。
キーマンが戦死するのは意外でした。かつて家族を失ったバレル大使は、息子同然に思っていたキーマンも失うことになってしまいました。その心境は如何に…。

yamato2202_25_02_convert.jpg

さらばで雪は銃で撃たれて戦死、古代は雪の亡骸を抱えてヤマトで敵の巨大戦艦に特攻というものでした。
2202でも古代はヤマトで特攻するのですが、銃で撃たれていた雪は怪我をしただけで生きており、2人でヤマトを操作して滅びの箱舟に特攻…。死んだかに思われましたが、2人は高次元に飛ばされており、完全オリジナル回となる26話部分で仲間が迎えに来て見事に帰還。
死んで蘇るという形になりました。
絶望していた古代を未来の子供(?)の手が引き留めるというのがよかったですね。なるほど、こうやって復活編みたいに子供ができるのかな?きっとかわいい娘さんに違いない(笑)
2202はヤマトで元の世界に帰還した古代と雪が、地球に向かって帰っていくというシーンで幕を閉じます。それはそれでよかったんですけど、

yamato2202_bd7_convert.jpg

どうせなら絵コンテ集にあった古代と雪の結婚式のシーンも見たかったです!
高次元であんな子供の手を見ましたしね♪



最終章を迎えた2202。シリーズ構成が福井先生ということもあり、オカルト要素が多めになっていたのが若干気に入らないところもありましたが、現代のアンドロメダを見られたのは本当によかったと思います。

andromeda_01_convert_20170505221348.jpg

アンドロメダ最高!
あと、星名透と星名百合亜が(銀河に移乗していたということもあり)生き延びられたのは嬉しかったです。本当によかった!
もしチャンスがあるのであれば、2202の続編を見たいです!その時はまたアンドロメダ出るといいですね。



~舞台挨拶ライブビューイング~
今回は登壇者は、
・小野大輔さん(古代進役)
・桑島法子さん(森雪役)
・鈴村健一さん(島大介役)
・神谷浩史さん(キーマン役)
・山寺宏一さん(デスラー総統役)
・手塚秀彰さん(存在感がすごいズォーダー大帝役)
・羽原信義監督(監督役)
・福井晴敏さん(シリーズ構成)
・中村繪里子さん(司会、桐生美影役)
でした。人数がすごい。

手塚秀彰さんが出てきた時の舞台挨拶会場の笑いがすごかったですね。確かにパッと見の存在感がすごかったです。
今回で最後ということもあって(いろんなアニメを含めた)ネタバレトークが面白かったです。○ずくめの組織の話はよかったのかな?(笑)
今回も舞台挨拶おもしろかったです。ただ、これで舞台挨拶も見れなくなると思うとちょっと寂しいです…。



以上、舞台挨拶ライブビューイングも含めた七章感想でした。



画像引用:©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
筆者の妄想が多数入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR