魔女っこ姉妹のヨヨとネネ

ご存知ない方も多いかもしれませんが、アニメ映画「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」を見てきました。
えっ?なぜこの映画を見に行ったかって?そりゃ~もちろん、
いちごちゃん(の中の人)が主演の作品だからです!
(ドヤ!)








というわけで、いちごちゃんの中の人(諸星すみれさん)が主演のヨヨ役という情報しか知らない状態でこの作品を見てきました。基本アニメは下準備して見ることが多いのですが、今回はほとんど調べずに見たらどんな感じになるのかなぁ~と思って調べず見に行きました。

で、結論から言うと・・・、
すっげーおもしろい!


とはいえネタばれはよくない(というか書くのめんどくさい)ので、個人的に気になったポイントだけ書いていきたいと思います。


まず初めは、諸星すみれさんの演技がすごいということ。
この映画見るだけですみれさんの喜怒哀楽の演技全て見れます。
マジですごいよ~。特に泣くシーンとか、「呪い殺しますよ!」って言ったりするところとか。


2つ目は、なんだかアイカツ声優が多かったということですwww

諸星すみれさん(いちごちゃん)はもちろん、子安武人さん(いちごちゃんのパパ)もカエルのニルス役で出演、森谷里美さん(三ノ輪ひかりちゃん)や、黒沢ともよさん(おとめちゃん)も役不明でしたが出演していました。
なんという俺得映画!
ちなみにしょこたんも出てます。


その3は、なぜか戦艦が出てくるということ。どういうことなの?
ちなみに戦艦の名前は「カボチャパーティーmarkⅡ」!
艦首に主砲があって、両舷に巨大なアームがあります。
それって戦艦なの?と思うかもしれませんが、たぶん戦艦です。気になった人はぜひ映画館まで行きましょう。


その4は、副主人公のネネとカエルのニルスが付き合っているという設定(!?)
映画見てるだけだと、ネネがニルスを軽くあしらってるようにしか見えないのだけど、パンフによると付き合ってるらしいです。
どういうことなの・・・?


その5は、実はやたら設定が濃いらしいこと。
映画そのものは何も予備知識なしで見に行けますが、パンフ見るとけっこう細かい設定があるようです。
「第三次剣魔大戦」って何!?まあ、おそらく原作「のろい屋しまい」読んだらある程度のことはわかるかもしれませんが・・・。
とりあえず、初めてファーストガンダム見たときのルウム戦役って何?、初めてSEED見たときのグリマルディ戦線って何?みたいな気分で見るといいと思います。(といっても、映画内では「第三次剣魔大戦」なんて言葉一言も出てこないのでご安心を)


その6は、登場人物、孝洋と西浦がなんだかスゲーかっこいいこと。
孝洋はヨヨといっしょに事件を解決しようとがんばる少年。(ヨヨに雑巾にされて絞られたりしたけどwww)
西浦は・・・、秘密です♪
ともかく映画見てるとかっこいいです。


その7は、亜紀ちゃんが最後まで男の子なのか女の子なのかわからなかったこと(泣)。
パンフ見てようやく女の子だと気が付きました。




ポイントはこんな感じです。最後は涙流しちゃいました。年始にかなりいい映画を見れたと思います。
アイカツ好きの人にはぜひお勧めする作品です。上映映画館は少ないですが、機会があれば行くことをお勧めします。
以上、魔女っこ姉妹のヨヨとネネの感想でした。





諸星すみれさん、プリキュア出てくれないかな・・・



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR