映画を2作連続で見て疲れていない自分はきっと映画慣れしている・・・

タイトルどおり映画を2作も見てきました。
しかも、今回は・・・、アニメ映画じゃないんです。
 ↑
たぶん友人に驚かれる。







今回見に行った映画は以下の作品です。

①エンダーのゲーム
SF映画(あっ、察し・・・)
見に行った理由:宇宙艦隊戦があると聞いて。(ほら、スビーメってファーストやZ、SEEDみたいな宇宙艦隊戦がある作品が好きなので)

この作品は、50年前に異星生命体フォーミックに地球が滅ぼされかけたため、以降人類が「国際艦隊」という巨大な軍隊を作り、徴兵制を15歳以下に下げて、子供たちを将来の艦隊司令に育て上げ、来るべきフォーミックとの再戦に備えるという話です。
主人公エンダーもその子供たちの1人ですが、非常に天才的な才能を見せ、教官グラッフ大佐に見出されてどんどん出世していきます。
エンダーは最終訓練まで進み、艦隊司令のシュミレーションを行うが、実はそのシュミレーションは・・・。

まあ、ストーリーは大ざっぱにはこんな感じです。
この作品に関していうことがあるとするなら、大人たちが敵を徹底的にたたき潰す(滅ぼす)ことに執着していて、それを知らずにエンダー達が訓練をしていくというところにあると思います。戦争は非常です。

それから、艦隊戦のシーンがスゴイです。各宇宙母艦に搭載されてる戦闘機は全て無人機(無人のため全長4.2m)だったり、700億ドルもの巨額を費やして建造された大量破壊兵器リトル・ドクター(分子破壊兵器)が出てきたりします。

リトル・ドクターの使用理屈は、今日のSEED DESTINYで地球軍のダイダロス基地司令が言う「巨額を費やして作らせておいて、肝心な時に撃てないという優しい政治家が多い。」の理屈だと思います。ゲームでは敵に対して容赦なく撃てるが、現実では・・・。まさにこれがこの映画のポイントと言えます。

あと、吹き替えに比較的に若手の声優が多いことがこの映画の特徴です。エンダーの声優はダン戦ウォーズやヴァルヴレイヴで主人公を演じた逢坂良太さんだったりします。



②ヌイグルマーZ
特撮映画。
見に行った理由:中川翔子さんが主演と聞いて。あと特撮。

まずこの映画に言えることは・・・、
ひどい!痛い!そしてエロい!

しょこたん演じる夢子が子供のころは学ランを着て特撮を見まくり、その次はロリータファッションにはまるってどういうこと!?
思いっきり中二病ですよね?

tyuukoi2 01 02
六花「勇太、あそこに仲間がたくさんいる!」
勇太「どんだけゴスロリ着た女性が出るんだよ・・・。」

ついでに、タケシ・エンジェルズがやばい。やばすぎて何も書けないwww


それから、この映画には最近はM・A・O名義で声優活動もしている市道真央さん(海賊戦隊ゴーカイジャーのルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー役)がヒロイン役で出ています。ゴーカイジャーファンにオススメです!


以上、映画2本の感想でした。
実は、映画以外にもまわって来たところがあるのですが、それについてはまた後日。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR