Wake Up, Girls! 12話 この一瞬に悔いなし

wug+12+06_convert_20140403205832.jpg
真夢「私の居場所はここだよ。」


映画の以来になりますけど、WUGの感想です。今までのまとめも含めて書きました~。
ちゃんと見てましたよ~、本当ですよ~。







最終回の感想ですが、あまり時間もないので、全話から見た12話の感想を書いていきたいと思います。

①岩崎志保ちゃんはツンデレ!?
wug+12+01_convert_20140403204531.jpg

よっぴーが足を怪我して出場を辞退しようか考えるWUGメンバー。しかし、それをわざわざ盗み聞きしていたしほっちは救護メンバーを呼んでよっぴーに応急処置をさせる。

wug+12+02_convert_20140403205438.jpg

なにがなんでもまゆちゃんと戦いたいしほっち。
わざわざ仙台まで行ってまゆちゃんに会いに行ってる(仙台駅どころか喫茶店までwww)あたり、きっとしほっちはまゆちゃん好きなんですね(笑)。


②白木さん
wug+12+03_convert_20140403205604.jpg

恐ろしい強さを誇るI1クラブのマネージャー。ブラック企業並みの鉄の掟を作り(主に恋愛禁止)、背いたものは容赦なく切り捨てて行った恐ろしい人。
名言は、アイドルのI1のモットーでもある、
「休まない!愚痴らない!考えない!いつも感謝!」
 ↑
このセリフは強烈に印象に残ってます。

悪人と言えば悪人ですけど、この人なりのアイドルのあり方があったりするので、なかなか考えさせる人物でした。


③最終話ライブシーンにおける太田さん
wug+12+04_convert_20140403205637.jpg

太田さん、それはI1時代からまゆちゃんが大好きで、WUGにまゆちゃんが加入した当初から応援し続けるすごいアイドルオタクである。
なにがすごいかというと・・・、全話通してWUGにかける情熱がすごい。そしてネットに向かう姿が怖いwww

wug+12+09_convert_20140403210034.jpg

そして、WUGメンバーが踊っている時の・・・、

wug+12+05_convert_20140403205740.jpg

この興奮っぷりがすごいwww
オタクの鏡やで~!



④本気で悔しそうな早川さん
今までの中で一番すごいダンスをしたWUG。しかし、惜しくも優勝を取り逃がしてしまう・・・。

wug+12+07_convert_20140403205915.jpg

このときの早川さんの顔がすごく残念そうだったはちょっと意外でした。
早川さんも結構な悪人でしたけど、プロデューサーとしての信念はしっかりしてましたし、結構憎めないキャラでした。





WUGってどちらかというと男性キャラの方がすごく物語を動かしていたような気がします。松田さんもきっとがんばった、はず、たぶん・・・

全体の評価として、2話についてはう~んと言わざるを得ませんでしたが、それ以降の話はすごくおもしろかったです。
特に早川さんが出てきた辺りから急におもしろくなった気がします。
お気に入りのキャラは、島田真夢ちゃんと岩崎志保ちゃんです。ツンデレ最高です(^O^)/

wug+12+08_convert_20140403205953.jpg

以上、WUGの簡単すぎる感想でした~(短くてごめんなさ~い)
がんばっぺ!Wake Up, Girls!





画像引用:©Green Leaves、Wake Up Giels!製作委員会


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夢を追いかけて 全てが変わる

「ウルトラマンギンガ」でよくコメントしてました熱き冒険者です。アイドルアニメが大好きな僕ですが、WUGはいろんなことを考えさせられる作品でした。まず僕が感動したいくつかの場面をストーリー順に述べていきます。
①「アイドルやらせてください!」
劇場版でまゆしぃWUGに加入するときの場面です。過去のトラウマからアイドルを避けていたまゆしぃが、再びアイドルとして生きていくという強い覚悟を感じました。そしてまゆしぃは「自分を幸せにしたいから」と言います。誰かを幸せにするだけでなく、自分も幸せにするというこの考えは、とても良くてすごいと思いました。

②「私のためだって思うならここにいないで行ってちょうだい」
第3話で大事なライブを控えたみにゃみでしたが、ライブ当日にみにゃみの大好きなおばあちゃんが入院したと聞かされて、ライブなんてとてもできない状態になってしまい、おばあちゃんのところへ急いで行きます。そしておばあちゃんはみにゃみに言ったセリフが上記です。結局おばあちゃんは無事退院しますが、もしかしたら最後の別れになってしまったかもしれない状況で、みにゃみの頑張っている姿をテレビで観たいから頑張ってきてほしいと告げたおばあちゃんは泣けました。なぜなら僕も家族との別れを経験しているからです。こういう場面は人生経験が豊富になるほど感動できる場面が増えていくんだろうなと思いました。

③「リーダーとして初めての命令なんだから!戻ってきてよ、藍里!!」
第6話でアイドルを諦めようと家に引きこもっていたあいちゃんのもとへ、まゆしぃとよっぴーが駆けつけて、自分は存在感がないからアイドルには向いてないと言うあいちゃんに対してよっぴーが言ったセリフが上記です。リーダーになったものの、どうしていいかわからず、一人で苦しんでいたよっぴーが自分の気持ちをぶつけた場面でもあり、とても感動しました。

④「頑張りたくても頑張れない人のために、頑張る・・・これが私の秘密」
第9話でかやたんが、まゆしぃに言ったセリフです。いつもみんなのお姉さん的存在だったかやたんが、自分は震災でたくさんものを失って、仙台に逃げてきて、どうしたらいいかわからなくなって、WUGで生きる目標ができたんだという思いです。実際生きたくても生きられない人や、何かしたくてもできない人はいます。そういうことを考えると、かやたんのセリフには重みがあって、かやたんは本当に頑張っているんだなと思い、僕も頑張らなければと思いました。

⑤「なら私抜きで出て下さい!お願いします!!」
第12話で大事なライブ前に足を負傷したよっぴーがみんなに叫びました。自分がこんな状態ではみんなに迷惑がかかるからということです。”なんでこんな大事なときに!!”という悔しい思いがとても伝わってきました。僕もですが、みなさんもこんな経験があると思います。それを考えるとよっぴーの悔しさに共感できました。

⑥「私の居場所はここだよ。」
第12話でまゆしぃが自分の居るべき場所はWUGと告げる場面です。この作品全体を通して、まゆしぃは自分が幸せになれる場所を見つけたのです。そして本当の笑顔を見せくれました。今までがんばったまゆしぃにとても感動しました。


他にもたくさんありますが、とりあえず以上です。賛否両論はありますが、本当に僕はこの作品が大好きです。

「誰かを幸せにするということ。それには、三つのタイプがあると思う。
 世の中の多くの人を幸せにできる人。
 自分の周りの身近な人を幸せにできる人。
 それと、自分を幸せにできる人。」 島田真夢(劇場版より)

そして

「人を幸せにするには自分が幸せじゃないといけない、
 今なら誰かを幸せに出来るかもしれない」島田真夢(最終話より)

まさにこの作品はまゆしぃの幸せ理論だと思います。

沢山の感動をありがとう、Wake Up, Girls! 
興味をもった方はぜひ観てください。

Re: 夢を追いかけて 全てが変わる

熱き冒険者さんいつもどうもです。
すごい熱意の感じるですね。作品に対する愛を感じます。
プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR