Wake Up, Girls 続・劇場版 後篇 Beyond the Bottom

雑草魂!
これぞWUGメンバーを支える力の源である。
というわけで後編見てきました~。いろいろ伏せつつ感想書いていきたいと思います。








東京遠征からいったん引き揚げたWUGメンバーは、早坂さんの提案で再び「アイドルの祭典」に出場することを決める。
ライブ会場でのイベントやテレビ番組などに出まくって自分達を宣伝しまくり、そして夏には全国行脚も行い全国各地を回ってアピールしていました。この全国行脚はすごいと思います。グリーンリーヴスはお金がないので、移動は事務所の車「WUGワゴン(仮)」!約1か月という短い期間を車で全国回るのは大変なので、このあたりに彼女達の根性が見られますね。努力と根性は大切!
(それにしても、アイカツといい、最近のアイドルは全国回る際には必ず専用ワゴンを用意するんですねw)



一方I1クラブでは大規模な改革が行われ、しほっち(岩崎志保)が新しいユニット「ネクストストーム」を作って活動することになります。そこで彼女は改めて自分のアイドル活動を見つめ直し、前以上に輝くことになります。「今なら真夢の気持ちもわかる」とのこと。オススメのラーメン屋を教えたりと、何だかんだいって真夢のことが好きなしほっちなのであったw
あと、漫画にしか登場していなかったしほっちのことを慕っている高科里佳も本作には登場します。漫画読んだことがある人には必見です。



そして常にWUGを応援している大田さんですが、今回ついにファンクラブを作って全国にWUGファンを作ろうと働きかけます。ファンにはファンでできることがあると。いや~、太田さんの行動力はすごいです!
ただ、ファミレスで騒いで店員に怒られるのはいつも通りですがwww



あと、この映画から丹下社長の知り合いの佐藤勝子というキャラが登場するのですが(そういうキャラがいたことはすでに語られている)、担当声優が佐久間レイさんだったので、丹下社長役の日髙のり子さんと合わせてトップをねらえの組み合わせかな?と思ってしまいました(笑)
それはともかく、丹下社長と佐藤勝子の関係は「七人のアイドル」から伏線の回収に繋がるので(一時期丹下社長が運営資金を持ってどこかに行ってしまったことにも繋がる)、最初の映画から見てきた人はそのあたりを注目するといいと思います。



そんなこんなでいろいろな伏線を回収した今回の映画。謎が解けてほっとしたのもありますが、何よりWUGメンバーやしほっちの成長が見られたのがうれしかったです。
アイドルの祭典がどうなったかはについては自分の目で確認するのが一番だと思います。気になる方はぜひ映画館に行きましょう!
以上、Wake Up, Girls続編映画後編の感想(?)でした~。










Wake Up, Girls!Wake Up, Girls!Wake Up, Girls!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR