機動戦士ガンダムUC RE:0096 1話 96年目の出発

まさか日曜朝7時からガンダムが放送されるとはね~。
というわけで、テレビ版ガンダムUCスタートです。





ご存知の方も多いと思いますが、「機動戦士ガンダムUC」は2010年から販売されたOVA作品です。全7巻。
舞台は宇宙世紀0096、逆襲のシャアとF91の間の話になります。逆襲のシャアとF91はこのブログ内ではまだ紹介していません。ただ、両作品とも映画なので、それぞれDVD1本で見れるので気になる方はどうぞ。
ちなみに、逆襲のシャアにたどり着くまでには、機動戦士ガンダム(ファーストガンダム)→機動戦士Zガンダム→機動戦士ガンダムZZというテレビシリーズを見ておくことをオススメします。一応ファーストとZは本ブログで簡単に紹介していますので、よかったらそちらもどうぞ(かなり最初の記事にですね)。

そんなガンダムUCですが、自分はすでに全話見ているので、かつてガンダムSEED DESTINY HDリマスター(2004年にやっていた作品を2013年のBD化に合わせて映像修正)の記事を書いていた時と同じようにネタバレ入れながら書いていきたいと思います。



gatyapon+kusyatoria+vs+zyegan_convert.jpg

テレビ版UCの第1話の見どころと言えば、やはり袖付き(ネオジオン残党)のクシャトリアと連邦軍のジェガン隊の戦闘シーンですね。特にクシャトリアとスタークジェガンの一騎打ちは迫力抜群です。
(ガチャポンでスタークジェガン出てないので写真ではジェガンで補っています)
かつて量産機ではファンネルに手も足も出なかったのですが、この時代になるとファンネル対策がとられるようになっており、腕の立つパイロットであればスタークジェガンでも対抗できるようになっています。スタークジェガンの放ったミサイルが散弾が混じっていたり、デットウェイトのパーツを切り離して接近戦に持ち込んだりしたところがそうですね。



そして、今回の話から3話までの間は副音声が収録されています。副音声は鉄血のオルフェンズの19話・20話でもありましたね。
出演は、MCを担当するお笑い芸人の濱口優さん、リディ・マーセナス役の浪川大輔さん(ちなみにリディは今回の話では出てこない)、小説著者の福井晴敏さん、プロデューサーの小形尚弘さん。声優絞りだった鉄血のオルフェンズとは異なり、いろんな人が出演されています。
それにしても、こっちの副音声はなかなかブラックトークが多いなぁ~(笑)
ちなみに出演者全員40代らしいので、全員ファースト世代だそうです。この辺りは普通にSEED世代がいた鉄血のオルフェンズとは異なるところでしょうか。もうファーストからそんなに経つんですね~(しみじみ)。



テレビ版ということで、新規にOPとEDが用意されていました。新規カットもありますが、本編映像も使われていました。そこは問題ないのですが、

gatyapon+syanburo+01_convert.jpg

EDでシャンブロ(出てくるのは10話以上先)が撃破されているシーンが使われていて、毎回ロニが死亡するシーン(ネタバレ)が流れると思うと・・・。まるでニコルやトールを思い出してしまうではないか!(わかる人にはわかるネタ)



とりあえず、これから半年、日曜朝はガンダムとプリキュアで盛り上がっていきたいと思います!
そうそう、主人公の紹介は次回以降に回すね!(おいおい)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR