カミワザ・ワンダ 1話 ワンダー星からの使者

TBS製作による約13年ぶりの土曜朝アニメ(星のカービィ以来?)。懐かしいと思いつつ、どんなアニメか気になって見てみました。






カミワザ・ワンダの大ざっぱな流れは、ワンダー星からやってきたワンダという犬みたいなロボット(?)と共に、主人公のユータ(小学5年生)が町で悪いことをするプログラム「バグミン」を捕まえて、「プロミン」に浄化・仲間にしていくという感じです。カミワザショットというアイテムでバグミンを捕まえなければならないという点でアニメ版の妖怪ウォッチと異なっています(そもそもアニメ版妖怪ウォッチは戦わずに友達妖怪に事が多い)。
ちなみにユータの両親は共におもちゃ屋を経営しており、本人は機械などのガラクタを直すのが得意。まるでガンダムビルファイターズに出てきたイオリ・セイみたいです。
しかし、セイ君とは決定的に違うところがあります。それは・・・、
妹がいることです!

kamiwazawanda+01+01_convert_20160426213147.jpg

ユートには妹のユイがいます。年齢は幼稚園・保育園から小学校低学年ぐらいの間でしょうか。この子がとってもかわいいのです。
ユータは母親から「お使いとユイのお迎え」を頼まれていたのですが、迷子のユイを探しに行ってワンダと出合い、バグミン捕獲に巻き込まれてしまったため、結局お使いの方を忘れてしまい、母親に怒られます。ユートは「ユイを探しに行ったから」と言い訳をするのですが、「兄なんだから何でもかんでも妹のせいにしない」と言われてしまうんですね。それを見たユイは、
「そーだそーだ!」
って可愛らしく言うのです。
おそらく兄のユートからすれば生意気な妹だと思ったでしょう。でも第三者の自分からすると、いろいろ可愛らしく思えて仕方ないのです。
この後スプーンをくわえるシーンがあるのですが、それも可愛らしい♪

ちなみにユートの家ではかつて飼っていた「ワン之介」という犬が亡くなっていますが、ユイはワン之介はお空に行っただけで帰って来ると思っており、ワン之介が亡くなっていることを全く信じていません。今は空からやってきたワンダのことを「ワン之介がロボットになって帰ってきた」と思っているようですが、そのうち真実を知ることになった時、いろいろありそうな気がします・・・。



言い忘れていましたが、ユイの声を担当しているのは久野美咲さん。ちょうど今「ビッグオーダー」でも妹キャラを演じていますね。うん、かわいいのも納得ですw

他にも女の子が登場するようですが、スビーメはユイちゃんを応援していきたいと思いますw



画像引用:©TOMY/ワンダプロジェクト・TBS


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR