機動戦士ガンダムUC RE:0096 7話 パラオ攻略戦

前の話からOVA版のエピソード3「ラプラスの亡霊」編に入ったTV版ガンダムUC。ちなみに「パラオ攻略戦」というのは原作小説4巻のタイトルでもあります。




5話でユニコーンガンダムごと袖付きに捕らわれてしまったバナージ。そんなバナージを救出するため、ネェルアーガマは単艦で袖付きが潜伏する資源衛星パラオに攻撃をかける。
最初に使用する兵器は、ネェルアーガマ最強の兵器であるハイパーメガ粒子砲。ZZでも登場し、コロニーに穴をあけるどころか貫通してしまうほどの威力があるが、今回はさすがに貫通するほどの威力はなかったようです。

ネェルアーガマの砲撃後は、両軍入り乱れてのMS戦。すでに知っていたことですが、袖付きのMSは旧式が多いですね。ガザDが撃ったビームなんてジェガンのシールドで完全に防がれてしまってますし・・・。それでも連邦軍のMSと互角に戦っている辺りはさすがといったところでしょうか。



隙を見てユニコーンガンダムで逃げ出したバナージであったが、その途中でマリーダのクシャトリアと戦闘になってしまう。バナージの説得(?)は通じず、容赦なく襲い掛かって来るマリーダに対してバナージは憤慨。ユニコーンガンダムはデストロイモードになり、クシャトリアを圧倒し初め、さらにはクシャトリアのファンネルのコントロールまで乗っ取り、一方的な戦闘を繰り広げて、クシャトリアを大破させてしまう。あと少しでマリーダは死んでしまうところでした。
OVA版を見た時も思いましたが、ファンネル乗っ取って使えるなんて、なんてチート何だろうとw
まあ、それがなくても強いんですけどね。

ちなみに、バナージが思いとどまった時のバナージとマリーダの精神世界のシーンは今となってはガンダムの名物みたいなシーンになっていますね。こういったシーンはガンダムでは重要です。ただ、なぜか全裸になることが多いのも特徴ですが(笑)。
※鉄血のオルフェンズだと、昭弘と昌弘の最後の別れシーンが該当しますが、全裸にはなっていません!



ユニコーンガンダムの帰還によって戦闘は終結するが、マリーダはネェルアーガマに捉えられ、リディはミネバを連れて戦闘のどさくさに紛れて地球に向かってしまい、表向き戦闘中行方不明になってしまう。そしてユニコーンガンダムには怪しげなセンサーが取り付けられていた・・・。このセンサーは一体どう使うものなのか?今後が気になるぜ!(もう知ってるけどw)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スビーメ

Author:スビーメ
こんにちは、スビーメです。
ガンダムやプリキュア、アイカツ、宇宙戦艦ヤマトなどが好きなアニメ好きです(笑)。
基本のんびりとアニメや特撮のことを書いていますが、ガチャポンなどのおもちゃ・作ったプラモの写真とかも挙げてます。
アキバレンジャーや中恋の影響で筆者の妄想が多数記事に入っていますが、あまり気にせず見ていってください(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR